Ai Nikkor 105mm F2.5S <SIC>

星の撮影をするようになってからと言うもの、カメラのレンズに

対しての見方や考え方が大きく変わりました。

星を撮影するレンズは、丸い星が隅々まで丸く写る事が理想な

訳でして。

もっと多くの方にわかりやすく言うとすると、このレンズは明るい

レンズなんだけどボケが綺麗とか二線ボケがあって汚いとか。。。

兎に角、そんなこだわりがあるとでも言いましょうか。

 

それで問題はどんなレンズが良いかと言うと、新しい時代レンズ

の方が製造誤差も少なくて良質な物が多くあり。。。

色のにじみを考えると、EDレンズなどで色補正をしっかり

やっているレンズの方が綺麗にスッキリ写る訳で。

ある意味、迷ったら最新キットレンズで撮影をやってもok!

そんな感じでございます。

 

ただ運用を考えると、開放F値が明るい方が大幅に撮影しやすい

ですし、ズームよりも単焦点の吐き出す絵の方が安定している

と思ってますが。(例外にNikkor14-24mmなんて化け物もいます)

 

とりあえず今の私基準の選定ラインは・・・

1.開放F値2.8よりも明るいレンズ (2.8で使えるレンズ)

2.開放から絵が良いレンズまたは、多絞り羽で円形近のレンズ

3.レンズの構成が、〇〇型のレンズなどなど(企業秘密 ^^)

4.安い!  (^^;)

5.ニコンFマウントである

 

まあ3番は個人的好みとか趣味が多分にありますが、星用の

レンズのキモはこれだなと思いました。 (^^)

それと全てにおいての万能レンズは存在しないとも思いました。

当初はポートレート用と兼ねる事を考えておりましたが、

流石にそれは欲張り過ぎであると・・・

 

 

さて、我が家に欲しいレンズ残り2本のうち1本がやって

来ました。

f:id:pompei:20131017115618j:plain

小さなスレすらない、めっちゃ綺麗な新品みたいなカメラ

付きでしたが、生憎そっちには興味はなく。

 

f:id:pompei:20131017115610j:plain

やって来たのは、Ai Nikkor 105mm F2.5S なのですが・・・

 

実はこのレンズの最後期型の一部に、SIC仕様のレンズがあって

それがどうしても欲しかったのです。

今回購入時にシリアルでの確認は出来ませんでしたが、購入の

決め手はやはりそのコーティングなのでした。 (^^)v

 

f:id:pompei:20131017115558j:plain

リアにも見事なSICコーティング ♪

 

Ai Nikkor 135mm F2.8のSICを何本か見ましたが、135mm

はリア側のコーティングが従来品のままのようでした。

多分、デジではコントラストが落ちるはず・・・

Ai Nikkor 85mm F2はSIC仕様がないようなので、この105

mmを買うなら妥協はしないぞと決めてました。

 

ただこのレンズには問題点がありまして。

内部にものすごい数のゴミ(絞りの金属粉?)があって

もしかすると影響があるかもです。

逆光で確実、夜の星だと微妙ですが、乱反射しそうな感じ。

対策をどうするかは2~3日考える事とします。

 

それから・・・ 本当に星用の神レンズになりえるかどうかは

これからのテストにて判明する事になります。

理論的には行けそうなのですがね・・・・