日曜日の午前は鉄分補給。そして午後も家族サービスを

していた私。夕食まで作って解放されたのは21時過ぎ。

バタバタ準備して出発する私です。向かうはいつもの山に。

 

標高1000mを超える地。地上とは10度の気温の低下。

当然夜中ですから既に寒冷地の様相。

気温4度。その中をバイクで疾走します。

風をもろに体に受け止める為、体感気温は氷点下に近くに。

手はグローブ上からでも悴んで感覚がない状態。

アホやなぁ。自分でも思うのですが、結構楽しい一時。

まるでマゾだな。。。  笑   違うけど。 苦笑

 

 

到着と共に機材のセッティング。これも随分慣れました。

ただ雲台の機能に不満があり。更なる出費は覚悟しましたが、

今は財政難の現状で右に左の状態なのですが。。。

しかし一期一会は常に受け入れるつもりの私ですから、

前進あるのみ。前向きなのが私の取り柄ですから。(多分w)

 

今回はレンズテストです。ただ主力機のD600は入院中。

旧主力機での初のテスト。どうなりますやら?

空を見上げて狙いを定めるのはおうし座のプレデアス星団。

 

f:id:pompei:20131029003746j:plain

Ai Nikkor 85mm F2 (35mm換算127.5mm)

DX機ですので一番見たい周辺部は見れませんが、特に流れは

ないようですね。 (^^)

 

f:id:pompei:20131029003739j:plain

Ai Nikkor 105mm F2.5 SIC  (35mm換算157.5mm)

 

絵的にはかなり無理があります。入門機ですからね。

芸術性はなくても、こんなテストには十分使える事が判明。

 

この日は何れもISO1600 30S F2.8にて撮影。

少々雲がありましたが星像に流れがあるかどうかのテスト

でしたので、概ね当初の目的は達成した感じです。

 

課題は2~3残っていますが、Xデーまでには間に合わせたいと。

 

・・・・・。

 

ただアレが西陣近辺から本日辺りに届くそうなので・・・

それの運用とか資金の工面とか色々あるのでこのままでは

いけないんですよね。ま、頑張る事とします。

 

でもこれだけの頑張りがあっても空がスッキリ晴れなければ

意味がない訳で。 普通に晴れではダメ!なんです。

雲一つない空でないと! そこが難しい所なのですよね。

努力と運。これに粘りで望みたいと思います。

 

さあいよいよ11月。仕事に撮影に戦闘開始でございます。 (^^)