Ai AF Nikkor 85mm F1.4D 運用開始

今日も空を見上げる。 く、雲が・・・。

なかなかうまく行かないものですね。ジタバタしても仕方がない

ので、ゆっくりその時を待ちます。

 

さて昨日は仕事で街中に行き、その+α(会合)で飲んでました。

街中ではクリスマスイルミの飾り付けが着々と進んでいました。

早いもので、もう今年も終わりなのですね。

会合終了後にカメラ片手に、5分ほどウロウロしてみました。

f:id:pompei:20131113041911j:plain

新規導入した85mmF1.4D ♪ (^^)

御館様にだけはこれが欲しいんですよと以前に言っていたのですが、

このレンズと85mmF2は全く性格が違っていまして。

 

85F2は星を撮るには最高ですが、ポートレートなどではガサツキが

顕著に出ます。対して85F1.4Dは半段以上絞れば口径食が殆ど

なくなり、ボケ方も綺麗でなだらかなのです。

85F2は星が丸く写り、85F1.4Dはイルミが丸く写る訳ですね。

 

f:id:pompei:20131113041921j:plain

実は運用候補として85F1.8Dと85F1.8Gも検討したのですが・・・

 

85F1.8Dは絵が硬くコーティングも悪いせいかヌケが悪い。

二線が出る上、9枚絞りなのに絞ると点光源がカクカクになる。

星には使えるが、85F2の絵には及ばない。

 

85F1.8Gは絵のヌケは良いものの開放近辺の絵が甘い。

円形絞りだけど7枚なので甘さ解消の為に絞るとカクカクになり、

昼間は使えても点光源や木洩れ日などの条件ではかなりキツイ。

星には周辺が流れるので不向きですし。

 

85F1.4Gは高価な時点で論外。これは致し方なしですね(^^;)

そう言う訳で、85F2は星用に。85F1.4Dはポートレート&ノクト

として運用する事になりました。

 

ちなみに星運用では85F1.4Dより85F2に軍配が上がります。

何れも多少の色にじみが出ますが、レンズの構成による部分が

大きいせいか安定度ではF2の方が良いようです。(安いし ^^)

2.8から3.5以上に絞ったら最高のレンズと言って良いでしょう。

105F2.5と共に、周辺部が流れない星運用の銘玉です。

 

と、言う訳で85F1.4Dが欲しかった。

御館様はどうしてかな~? と思われたかもですが、以上がその

理由でございました。

 

f:id:pompei:20131113051513j:plain

このふわっとまんまるの光源を見たら、欲しくなっちゃいますよ~。

ねぇ、1000番怪さん!  (^^)

 

使用機材 : Nikon D600  Ai AF Nikkor 85mm F1.4D