レンズキャップとフィルター

今日は早朝から雨でしたが、朝の時間帯には雨が上がり

それ以後は太陽が出ている当地の天気でございます。

そして相も変わらず仕事が忙しい。来週末までは事務所に

缶詰かな? (TT)

実は紅葉を撮りに行きたい。近隣神社寺、大分山の中。

そして今年の本命の・・・ 月末最終週は仕事しないぞ! 笑

 

 

色々あってキャップとフィルターの事を考えていました。

キャップは概ね、レンズを買ったら付いてきますよね。

f:id:pompei:20131115111656j:plain

それが中古で相当数出回っています。 (助かります~ ^^)

これはなくしたり落としたりして半端になったり、レンズが

不幸な状態となり出てきたりしているのかな?と。

(私は好んで好きなデザインの物を買ってますが・・・)

 

でも概ねですが、キャップは新品価格から多少減価した程度で

流通しているようですが問題はフィルター。物によっては、

半値8掛け2割引きより安い価格にて流通していたり・・・

ガラス面の平坦精度やコーティング処理を考えると、製作には

大変なコストがかかる訳で。そう考えると・・・  安っ!

新品で買う意欲がなくなってしまうほどです。

 

メーカーもその内にコストダウンの為、隣国にて精度を落として

量産させるのでは? OEM委託なんてやってしまうのでは?

そんな懸念をしている私です。

 

 

それで最近友人とも話していたのですが、そもそもフィルターが

必要なのかと言う今更論。

私は元々絶対的必要派なのですが、最近では少し違っていまして。

 

超広角レンズで星を撮影するとフィルターなしで結像していた

星が、フィルター装着によって周辺の像が流れるのです。

つまり高級レンズでの撮影したはずが、キットズーム並に格下げ

されたような絵になってしまうのです。

(私の保有する広角レンズは安物が多いのですが・・・ ^^;)

 

そう言う訳で広角域以下での星の撮影時には、都度都度フィルター

を外している私です。 で! 広角レンズには必要なのかな?と。

もちろん昼間の撮影ではそこまで気にはしませんが、星や夜景の

撮影時には今後はどうしようかなと思った訳です。

 

そんなに深刻に考えてるのは私だけ? (^^;)

とりあえず使う分だけは嫁の顔を窺いながら確保していきます。(^^)