マレーシア航空 370便の消息を考察

マレーシア時間2014年3月8日午前0時41分発のマレーシア航空

370便 ( MH370 ) が離陸後50分程して消息を絶ちました。

その後は色々なネタだけが上がってますが、現在のところ姿形も

発見されていません。

何処に行ったのか? やるの早すぎるかもですが、自分なりに

少しだけ考察してみました。

 

まず現在わかっている重要情報としては、レーダーから消えた。

そして乗客の一人の携帯電話と繋がり、QQチャットアプリが

オフラインからオンラインになった。(←生存確定?)

※ 9日0時にオフライン→9日4~5時にオンラインに。

マレーシア空軍情報により、南西方向に急な転身を行った。

同時間に成田へ向かう航空機がMH370機と交信した際に、

「電波障害がある。静電気の影響も受けている」と聞いたが

その後は聞き取れない程の声になり、これ以降の通信は出来

なくなったとの事。

 

当初私は撃墜説を考えていましたが、どうも違うようです。

可能性のあるステルス機が対象であれば、転身する前に撃墜

されているからです。それに現在の民間航空機は、浸水した

時点でその旨の電波を発信します。その形跡がない以上、

海への墜落はあり得ない事となります。

また乗客の携帯が繋がった件でも海であれば携帯が浸水して

いる事にもなりますので機体は陸地にあり、撃墜説と海中

墜落説は消去となります。

 

それでは機体は何処に行ったか? 誰が犯人であるか?

そしてその目的は?

 

結論を先に言いますと、ズバリ!

Diego Garcia (ディエゴガルシア) 米軍基地に無事に着陸

しているものと思われます。

 

 

米国政府主催の911事件においてアルカイダに乗っ取られた

はずのユナイテッド航空93便は、墜落前にクリーブランド

ホプキンス空港に無事着陸した事がわかっています。

この際まず無線がOFFとなり、その後は米空軍のGPS

操舵により遠隔操縦されたようです。

そして乗客を降ろした後、自動操舵の航空機がWTCに突っ

込んでビルを火薬で爆破した訳ですが・・・

 

米空軍はハイジャック対策の為に、地上からGPSを使って

操縦や離着陸のコントロールが出来る技術を開発しています。

(過去の航空専門紙にもテストの成功が掲載されています。)

この際に重要なのは、ボーイング機でないといけない!と

言う事です。他ではプログラムを載せられない・・・ ゴホゴホ笑

ちなみに当時の実験機はボーイング727でした。

 

今回のマレーシア航空370便は、ボーイング777-200型機に

なります。飛行機の多くがボーイング社製なので、どうしても

色目で見てしまいがちですが、通信遮断と異常な転身を考えて

もかなり可能性が高いかと思われます。

また今回、情報を隠蔽しているマレーシア空軍も一枚噛んで

いますね。まあこれは誰もが普通にわかる事でしょうけどね。

彼らは911の時のFAAと同様、この後飛行記録の消去か改ざんを

やるかと思われます。

 

それでマレーシア国内を通過した機体は何処へ?

進行方向の先にはディエゴガルシア米軍基地があります。

浮遊物情報や派手に南シナ海で艦隊を展開する陽動作戦で

そちらに目を向けさせておいて、向かう先は反対のインド洋に。

ではその目的は? 今はそこまではわからずの私です。

可能性としては全人代突入予定が中国の撃墜宣言で予定変更

したと言うのが本命なのかな?と。

 

 

現在、多くの情報が中国黒幕説を唱えています。しかしながら

有能な中国人が多数乗る機体を使って何かをする事に益はある

のでしょうか? 確率論としても可能性は低い。

消去法から言っても技術的にも可能性があるのは米国だけと

なりますがどうか?

ちなみにこれはあまり書きたくなかったんですが、大韓航空

撃墜事件の機体はボーイング747-230型機でした。アンカレジ

発と言う点も何やらきな臭い感じがするんだが、この件はかの

国の人々も調査済みでしょうから~ オラ知らんわ!(苦笑

 

とりあえず開けてはいけないブラックボックスの中に何らかの

プログラムが入っている事だけは確かなようですね。

それを中国辺りに解析されて、逆に利用されたり揚げ足を取られ

ないように注意して下さいな。アメリカさん! (^^;)