悪魔が来たりて笛を吹く

今日も仕事が山積みの私です。そして私の周りでは様々な

誘惑の嵐が吹き荒れています。

疲れを癒す為に目を閉じると、「ええで!買え!」そんな

言霊が何処からか響いてきます。もちろん何れ行きつく先は

そこでしょうから私も特に否定はしませんが、今の私には

悪魔が耳元でそう囁いている構図なんですよね。(^^;)

 

逃げるようにNET閲覧していると、お客様にピッタリお似

合いのレンズがございますよ。そんな言霊が何処からか

聞こえてくるような物を売りに出している方がいたり。

相手が相手だけに、悪魔が群れをなして並んでいるようにも。

怖い世の中やなぁ・・・  そんな悪魔が吹く笛の音で踊り

まくっている最近の私でございます。

f:id:pompei:20140318171418p:plain

Nikon D600

Tamron SP AF 28-75mm F2.8 XR Di LD ASPHERICAL (IF) MACRO

 

とっても長い名前のこのレンズ、タムロンの(A09)と書くだけで

何のレンズか十分理解して戴けるほど有名なレンズです。

私のレンズはモーター搭載なしのレンズですが、モーター有のA09Ⅱ

よりもAF合掌は早いらしく、やはり当時は技術的(コスト的)にも

無理があったようですね。

ただそれも大差はないし、ボケや最短0.33mの使いやすさを考えれば

これほど安くて良い玉はないのでは?と思った次第です。

 

今回は古いフィルム調に仕上げてみました。当地の街中ではドカン

ドカンと工事ばかりやっておりますが、工事があっても昔のように

大渋滞になる事もないようで。目に見えて車の数が減っていますね。

コインパーキングも安いにもかかわらず空きが目立ってますし。

街中で夜間ずっと泊めてて最大300円とかあるし。運転代行いらず

ですね~。

ちなみに私は飲みに行くと、帰りは歩いて帰ります。カメラ片手に

帰るのですが、いつも意味不明な写真を量産していますね。(^^;)