閑話休題

f:id:pompei:20140404021402j:plain

《追記》  フジのフルサイズミラーレス? X-Pro2

 

欲しい!  これは欲しい!!!  (^^)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

本日は少し脱線して色々思った事をば。

ネタとしては給食から牛乳をやめるやめないの話があった

のでね。^^

 

近年食料自給率40%目標が叫ばれ、一番ヤリ玉に上げられ

たのが小麦。主食のパンや麺を米粉から作ろうとか、学校

給食では米飯主体に切り替えると言った手法で米食(日本食)

を推進して行くとの事。

さらに和食がユネスコ無形文化遺産に登録されたり、

貿易赤字解消の為等々の推進剤点火により、お上は米食中心

の給食にやる気満々のようでございますが。

 

それで日本食とは何ぞや? こんな基本の議論があって。

お偉い方のお話では「日本人が作り出した日本にしかない

料理」だそうで。(←これには賛否ありました)

例えとしてカレーやラーメンは日本食になるそうです。

でも私のイメージでは精進料理や、寿司、そば、天ぷら等を

思い浮かべるのですが。おむすびとかもね。

 

外国には菓子パンはあっても、メロンパンはないようです

からメロンパンは日本食?とか・・・ 言い出したらキリが

ないような気がする物もありますがどうか?

ちゃんぽんに天津飯は中国にはないですしトルコライス・・・

 

 

それで我が家の子供の給食メニューを見ると、米飯に牛乳。

私の時代もそうでしたが、それって確かに変だよね。と、

昔から思っていた次第。

ただ学校での説明会などでは、安価で作るのに負担が少なく

カルシウムを効率良く摂取できるメニューを考えた時、牛乳

が適しているとの回答があったのも事実。

でも実態は特に冬場は半数以上の子が飲まなくて余ったり、

特にインフルエンザ流行時期は複数個を飲む子がいても大量

に余っているのが実態でございます。

BSEの件で元々飲まなくなった子もいるようですし、複数個

飲む子供は栄養過多になるが問題ないのかな?とも。

そう言う訳で与える方は与えたら満足とかではなく、実態に

則した提供の方が良いのではないかと思っていた次第です。

 

試しに牛乳の代わりに小魚ふりかけで摂取と言う案もある

そうですが、毎日では飽きてしまいますから色々バリエー

ションを考えてやってみるのも良いのではないかと。

冬場はふりかけ中心とかね。

 

 

それから「米飯&牛乳」の弊害がもう一つあるのでは?と。

原因がこのセットかどうかまでは断定できませんが、どうも

組み合わせが悪いのか普通はおかずと御飯を交互に食べたり、

おかずを御飯の上に載せて食べたりしますが、おかずは

おかずだけで食べてしまう・・・ 当然、御飯は御飯だけで

食べてしまう。そんな食べ方をする子が多くなっている

ようです。

栄養学的に必要摂取分を考えるのは良いのですが、組み合わせ

が悪すぎてこんな食べ方をする弊害が増えてきているとの

印象がありますがこれって問題では??

 

 

そう言う訳でまず給食に関してのまとめ!

1 偏食になりやすい組み合わせの米飯&牛乳等は即刻やめる。

2 栄養学的にも制限が多くなる日本食のみの思考はやめ、

  食の多様性と子供が楽しみなメニューを考える。

 

だってねぇ、私はその日の給食がメロンパン!や、ピーナツ

バター付き!とかだったら、それだけで学校に行くのが

楽しかったですよ。それもメニューに多様性があっての事だと

思いますし、今の栄養学マンセーみたいな風潮こそが行きすぎ

だと私は思うのですけど。

 

しかもイタリアの食べ物だから今後はパスタは出ませんとか

考えられるでしょうか? エビチリもダメとか中華のあんも

ダメ、ステーキも出らんのかい! 中共じゃあるまいし制限

しすぎ。 +そんな時に牛乳出す組み合わせが悪いんでしょ!

と、そう言う事が言いたいだけなんです。 (^^)

 

 

 

え~、ここから更に話は脱線しますが。 (^^;)

 

自給率の件ですが、米飯を推進しても安価な外国米が増える

であろう未来の自給率低下を考慮すれば、米飯推進も良いが

根本である農業と言う産業が成り立つような政策の方が重要

だと思うのですが。

ただ何をするにも少子化対策が一番重要で、政府や官僚が

ウソを言って推進している労働人口云々の話(女性の社会進出)

少子化対策に逆行しますが良いのか?

 

老人一人当たりを支える人口が今や約2倍~です。

当然、支えきれませんし、それならば労働人口を増やすか

年寄りを減らすしかない。

年寄り減らしは医療負担の増加で国の医療費負担(←ここは

変な話ですが)を減らし、かつ体のメンテナンス機会減で

平均寿命低下を推進するらしく・・・ 苦笑

労働人口は女性の社会進出をと叫んで先送り(誤魔化し)に。

 

 

日本の老人人口は25%を超え、毎年約1%増えています。

逆に労働可能人口は約1%減っています。未成年約13%。

この事から数字上の労働人口は労働可能人口の6分の1と

なり、総人口の10%程しか労働をしていない事になります。

(この数字にはバイトやパート、期間労働者数は含まれない)

 

地方では主婦が旦那を手伝い、更に人口減による学校や町内

行事などに忙殺されますし仕事もないので女性の社会進出

と言う名の数字の貢献は期待できません。

また労働可能な都市部の女性については、すでにパートを

やっている方が多く、仮にパートから正規社員となっても

世帯収入者総数の実態は変わらず、老人負担者数割合の

見せかけの数字が改善するだけの先送り(誤魔化し)にしか

ならないのです。

 

それで税制上の配偶者負担の改悪により、パートから

正社員になったとしても世帯収入はあまり増えない事に

なっており、この点は少子化対策実行に矛盾します。

つまり国(省庁)の政策に一貫性がなく、本当に何を

やりたいのかわからない状態でございます。

それだけ無能な官僚が増えすぎている事が原因ですけど。

いや、無害ならまだましで、有害・・・  以下省略。

 

 

結局、キモは未成年者13%! ここなんです。

で、この全員が成人する頃には年寄りが労働人口の3倍に?

老人一人当たり月20万必要として、労働人口一人に毎月

60万負担して下さいって、まったく夢がある未来ですな。

(日本の税制は法人税に偏っているのでこれは言いすぎですが)

 

隣国がはやく金を恵んでくれとか騒いでますが、実態と

してはもう、それも限界を超えているんです。

今は手がかからないお金を持ってる老人がいますから

財政的に持っていますが、実労働人口以外の6分の5は

毎年増える必要予備軍としてこれから激増が予想されます

のでジリ貧なんです。

 

国益を考えれば、老人切ってでも未成年者を増やす大手術

を施すしかなく、であれば金のかかる都市部の老人は金の

かからない田舎に移転してもらうしかない。

これだけでも全体の1~2割の費用の削減ができるかと。

更に都心部の人口減による不動産価格下落による若年層の

負担減も可能になりますし、インフラもコストダウンに

なりますので十分移転費用の捻出が出来ます。

 

ただ実行は難しいかな。騒ぐ事が仕事の人達がいますし。

であれば首都移転が早い。国の機能を移転させれば自然に

流れも変わる。

今や東北大震災よりも関東大震災の方が次に来る可能性が

高いので・・・ 福島辺りに移転させたらどうですか?

かの地は経済産業省安全だと言ってますから! どう?