There's no red line that's been drawn.

レッドラインは引かれていない。

これは先日来日したオバマ大統領の尖閣諸島等に対する重要な発言です。


日本のマスゴミ尖閣諸島中国軍が侵攻した時、米軍は日米安保の義務を
遂行して日本を守ってくれると勝手に誤訳して小躍りしていましたが、実態
は全く違います。
ちなみにアメリカを含む諸外国では、尖閣諸島で何かあっても米軍が即座に
動くラインではないと宣言したとTOP記事で大ニュースになっています。

 

ここで日米安保条約の中身をあらためて見てみると、日本有事の際には
米軍はお助けしますよ。ここまでは良しですが、でも軍を動かすがどうかは
米国議会が決めますよとなっているのです。
つまりこの条約は動いてくれる保証がある訳ではなく、あっても時間的ロス
がある訳です。日本の有識者が過去に、本当に動くのか?と何度も世間に

問うてきたのはそう言う理由からです。

 

では中国と事を起こしたくないと議会が判断したらどうなるか?
小さな尖閣諸島の件で米国兵の命の危険と引き換えに得る物があるかどうか
と判断した時、議会はどうすると思うか?
日本が中国に占領され米国債債務がチャラになると聞いたら、アメリカは
どの様な判断を行うと思うか?


もちろん中国はこのオバマ発言にはニンマリの御様子で、中国のサイトでは
オバマがアメリカに帰ったらすぐに占領だ! そんな声も。
今回、習近平が大声でわめかなかったのもそのせいでしょうね。

 

これに対してフィリピンに米軍基地を再設置する件に関しては噛みついて
いました。もちろん事前に色々あった事もあるのでしょうけど。


--------------------------------

中国艦船と米巡洋艦が“一触即発”寸前-南シナ海
 
【ワシントン=青木伸行】南シナ海で活動中の米海軍のイージス巡洋艦が、
中国海軍の艦船から停船を要求された上で航行を妨害され、緊急回避行動を
取っていたことが13日、発覚した。
不測の事態を招く危険な行動であり、米政府は中国政府に抗議した。

国防総省国務省の当局者によると、事件があったのは5日。米海軍の
巡洋艦「カウペンス」が航行中、中国艦船が停船を要求し、警告を発した。
カウペンスは公海上であることから要求を無視して航行を続けたが、中国
艦船はカウペンスの前方に回り込み、進路をふさごうとしたため、カウペンス
は緊急回避行動を強いられた。

カウペンスは、演習のため南シナ海に展開していた中国の空母遼寧」の
動向を監視していたとみられている。

この事態を受け、米政府は外交、国防ルートを通じて中国政府に抗議。
米海軍当局者は「事件は、艦船間の通信を含め、不測の事態を招く危険性を
低減させる措置の必要性を示すものだ」としている。

カウペンスは11月、台風に襲われたフィリピンの被災地支援に参加した。


http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/131214/wor13121411040015-n1.html

--------------------------------


今回フィリピンに続いてマレーシアにも訪問したオバマ大統領。
マレーシアでもTPPでかなりの恫喝があった模様だが、日本がTPPを
呑まなかった事からそれに倣った模様。そうなる事がわかっていたから
オバマは寿司を半分しか食べずに不満を表した訳で。

 

かつてのアメリカは民主主義を世界に広める為に反民主国家に対して
無法的な行動を遂行してきました。今回その対象が中国になった事で
隣接する日本に影響が及んでいる訳です。
その中国は間もなくアメリカを抜いてGDP世界最大の国になる事が
ハッキリしています。つまりはそこにアメリカを超える市場があるのです。

 

米中間には広大な太平洋があり、軍事的にも距離がある。
ここで中国がその市場と引き換えに何かを望むのであれば、それを考え
なくもないとの考えになってもおかしくはない。
米国にとって真に重要なのはマラッカ海峡位で、それ以外はイザとなったら
見捨てる事は容易であろう。

 

そう言う意味からしても、今のアメリカは日本にとっては信用できない。


中国人は言っている。今は無理しなくていいんだと。
日本では間もなく関東大震災が起こる。自衛隊(日本軍)は救助に向かう
だろうから、その時に誰もいなくなった沖縄に軍を向ければいいと。
日本には指揮系統がないから、何処まで進軍できるか楽しみだと。

 

これが現実。
私も今までは原潜導入の話は行き過ぎだと思っておりましたが、それを
考える必要が出てきたと思うのはこう言う情勢下になったからです。
自分の身は自分で守る。日本は平和ボケしている暇はないのです。

 

 

--------------------------------

比大統領、国際社会に警鐘 「中国は第二次大戦前のヒトラー

 
フィリピンのアキノ大統領は、南シナ海領有権を主張し海洋進出を強める
中国を、第二次世界大戦前のヒトラーになぞらえて批判した。

シンガポール=吉村英輝】フィリピンのアキノ大統領は、4日の米紙
ニューヨーク・タイムズ(電子版)のインタビューで、南シナ海領有権を
主張し海洋進出を強める中国を、第二次世界大戦前のヒトラーになぞらえて
批判した。

大統領は、「過ちだと信じていることをそのまま認めてしまえば、(中国の)
誤った意思が一線を越えかねない」と指摘。
「世界は中国に『いいかげんにしろ』と言うべきだ」と、国際社会に警鐘を
鳴らした。その上で、1938年に当時のチェコスロバキアのズデーテン
地方がナチス・ドイツに併合された歴史を挙げ、「ヒトラーをなだめて大戦を
防ごうと割譲されたことを忘れたか」とし、融和策の危険性を訴えた。

中国はフィリピンと領有権を争うスカボロー礁を2012年に実効支配
フィリピンは昨年、国連海洋法条約に基づき国際仲裁裁判所に中国を提訴、
反発した中国が参加を拒否したまま審理が続いている。

一方、中国国営新華社通信は5日、大統領を「無神経に隣国をナチス・ドイツ
と比較した」と批判。「歴史と現実を無視した未熟な政治家」とし、南シナ海
での中国の領有権主張に正当性があると繰り返した。


http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/140206/wor14020612230009-n1.html

--------------------------------

 

日本の官僚は中国はもちろん、韓国に対して何も行動を起こさない。
今まで金や女をどれだけ・・・  腐ってますからなぁ。
こんな状態でどれだけの対応が日本に出来るのか? NETの片隅で今日も
ボヤくしかない私です。

 

 

 

さて話は変わって私事。

昨日ですが、こんな所 ↓ でアルバイトなんぞやっておりました。

と言っても、実質はボランティアですけどね。

f:id:pompei:20140430122058j:plain

毎度の事ながら経費を差し引くと赤字になりますが、でも代わる

人もいないので仕方がないのも事実なのです。

しばらくはこのボランティアの雑務に追われますが、GWの前半

中には終わらせたいですね~。