kowa (kallo) 140のフランジバック

 

おまたせしました。今晩はkowa140(kallo140)のフランジバック

編になります。

f:id:pompei:20140713011557j:plain

まずはレンズを外して・・・

実はここで脱線していたんです。

50mmF1.4の粘りの修理をやっていましたら35mmも気になって。

結局は85mmF3.5もメンテ致しました。

絞り粘りとグリスの入れ替えなど。これでスッキリ致しました。

 

f:id:pompei:20140713011609j:plain

140のマウント部分です。

先に業務連絡するとすれば、SETRよりも中身はチャチだと

思います。絞りやSSリングを回した際の操作感が・・・・

比べてしまうとあのSETRがしっかり作られているんだなと

そう思ってしまう程です。

 

f:id:pompei:20140713011619j:plain

上にあるピン、これ何でしょ?

ちなみに私のこの個体は博物館級のシングルナンバーですので

この個体を改造する事はありません。

それよりも薄い二重像を修理したい。これはkowaの持病ですね。

 

f:id:pompei:20140713011630j:plain

さてお待ちかねのフランジバック

事前予想していました通りRF機と言う事で、45.9mmの長さ

となります。マウント部入れたらSマウントがギリですね。

ただNEXやαのEマウントであれば、短い分格好は良いかもです。

35mmレンズを付けるなら、kowa wide からの移植の方が

スッキリ小さくて良いかもです。

そう考えると50mmF1.4の改造は多くの人に魅力がありますね。

と、こんな事を書くから値段が上がるんだ・・・ Orz