四畳半カメラメーカー

 

当地にはFと言う、自称カメラメーカーがありました。

現在この組織(個人)の一件で、NETなどでは大騒ぎをして

いるようです。

簡単に説明するとこんなカメラやレンズを作りますと言って

資金を集めたものの、結果はドロンしたと言う話なのですが・・・。

 

 

 

実はこの組織(個人)のT氏とは一歩間違うと縁があったかも

しれなかった訳で。

まず初めに接触する機会があったのが確か10年以上前?に、

全国〇〇〇〇新聞社と言う先との打ち合わせ中に紹介を受けた

のでした。私の会社の上の方はその内容に興味がなかったので

それ以上は何もなかったのですが。

 

その後、私の業務担当エリアが赤間地区となった時にふと思い出し、

休日に訪ねてみたら何処にあるのかわからなかったと言う・・・。

まあこの時は某酒蔵に時間を取られてキョロキョロしただけ

でしたがね。 (^^;)

そして骨董市で面識のある方から今度カメラが出るからと紹介

されたり、私が検討中のKOWA140の修理先についての紹介を

されたりと何処かでもう一歩踏み込んでいたら・・・

 

でももし何かあったとしてもあの建物の管理会社のT社とは

取引上懇意な関係ですから、頼めば裏情報を貰えたでしょうね。

今回実害はなかったのでこの件について私はスルーしますが、 

フィルムカメラが終息に向かいつつあるこの御時世で、自分の

趣味の分野でこのようなニュースを聞かされて嫌な気分を

味わった事が面白くなかった訳で。

 

時間がかかっても良いので、関係者間でスッキリ解決されれば

いいなと願う次第です。

 

 

最後に呟いてみる。

私もハーフ版のカメラには興味がありましたが、他スペック

みても理論的に製造不可能な物ばかりでしたし、レンズに

ついて少しでもわかる人はそれが作れない事は・・・

注文者がほとんど名乗り出ないのは、自分の無知を恥じての

事だと思う。少数製造でのコストみてもおかしいし。

ハナから確信犯だな~。