年内は喪中態勢

 

本日は会社の業務の年内1回目の最終〆日。

今晩までは臨戦態勢ですが、只今は休憩中でブログカキカキ。

2回目が12月20日近辺なのでその後に上方遠征を計画して

いたのですが、その期間中に義父の49日法要があって私の

秘密の計画は頓挫してしまう事に。

f:id:pompei:20141119145058j:plain

SONY NEX-5R Nikkor-N Auto 24mm F2.8

 

それで私は仕事があるので今回も残留組となりましたが、子供が

カゼ等で行けなくなった場合に備え、嫁から自宅待機命令を言い

渡されましてね。

よって今年のクリスマスは一人で寂しく過ごすか、子守りのどちら

かになる事が決定致しました。 Orz

 

町の中ではクリスマスイルミネーションの飾りつけが概ね完了。

今年も撮影に行きますが、その前に紅葉を狙ってます。

週末天気が良ければ何処かに行ってみようかと思っています。

 

 

 

話は変わってレンズの話。

星の写真をやり始めてからレンズに対する要求が厳しくなってきた。

良く写るレンズとかそれだけではなく、収差や好みの味の部分に

重点を置くようになったのが1年前の話。

 

最近は美味しい距離とか絞りは? そこが重要で。

ボケを狙って即開放を選択するとかではなく、ボケの状態を狙って

その距離と絞った時の絵の状態を見るとか・・・

 

やはり Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IF との出会いは大きかった。

使い込むごとにそこが自身のゴールだと思わさせられる。

ただ問題がない訳でもない。圧倒的に単焦点が多くなり機材が

重くてたまらない。そして高いレンズが多い気がする・・・TT

まあホドホドにしてこれからもレンズのテスト導入や入れ替えを

するつもり。でないと破産してしまうわ~。 x_x