SONY α7とKOWAの28

 

昨日のアクセス数、なぜかいつもの4倍。

でも閲覧先はカメラ関係ではないようです。こんな事もあるのですね。

さて喪中ゆえに私には新年に正月がありません。

縁起物っていけませんのでしょ? 年越しそばは良いのかな?

すでに用意はしていますが。 (^^;)

 

 

昨日に引き続き本日はKOWAの28mm編です。

忙しいのでさらっと進みましょう。

尚、撮影条件はすべて同様でRAW、絞り優先、撮って出し現像です。

 

今回は最広角のレンズですので、気になる逆光耐性のチェックです。

すべてフードなしで撮影しています。

f:id:pompei:20141231192549j:plain

SONY α7  KOWA SER 28mm F3.5 (RAW)   F8

OLDレンズの部類ですから、絵に太陽が入るとゴーストが出ます。

解像度やコントラストも一気に落ちてしまっていますね。

流石にここまでするのは酷と言うものでしょうか。

 

 

f:id:pompei:20141231192600j:plain

SONY α7  KOWA LM28LF (RAW)   F8

ゴーストなどは出ますが解像度もコントラストも良く耐えていると思います。

でも35mmよりは弱いですね。LM35LFは銘玉中の銘玉と言えるでしょう。

昨今の最新レンズと比べたらコーティング性能に限界がみえますが

この点は致し方ない所でしょう。ハレ切りの為にフードを探しますかね。

 

f:id:pompei:20141231192733j:plain

SONY α7  KOWA SER 28mm F3.5 (RAW)   F3.5開放

ボケ方は素直な方だと思います。太陽が入らなければ流石はプロミナー。

四隅が落ちてムードある絵になるのもOLDレンズの味でしょうね。

そんな絵を吐き出してくれます。なかなか悪くないでしょ?

私は好きですよ。 (^^)

 

f:id:pompei:20141231192746j:plain

SONY α7  KOWA LM28LF (RAW)   F2.8開放

これで撮っているとため息が出ます。解像感、とろけるボケ、そして

四隅まで玉ボケ。絵的に欠点が見つからない程です。

でもピントリングはツルツルだし、変に外れそうなネジが出てるし。

常用レンズとして持ち歩くには流石に難もあります。

そこはKOWA愛でカバーでしょうか。 (^^)

 

ちなみにラインスキャンレンズは他にLM50LFがありますが、画角が苦手な

50mmと言う点と、後玉の出っ張りが凄かったので購入を見送りました。

当時1諭吉さん程でした。買っておけば良かったかな? (--)

 

 

さて明日は嫁が帰ってきます。今夜は独身最後の夜です。

食卓にはウイスキーのカラビンが4~5本転がっています。

ツマミのゴミも大量に出ていますが三日過ぎないと出せません。

明日は朝から証拠隠滅の掃除をしなきゃです。

ごみ袋とビン、どうしよう。困ったな・・・。