究極の少子化対策の秘策あり!

 

三井の工場地帯から街中に移動してきた私は、新栄町駅から大牟田駅

まで徒歩で散歩しながら散策する事に。

f:id:pompei:20150112235551j:plain

SONY α7  KOWA SETR 50mm F1.9

このマンホールの蓋をパッと見た時、「 むたし?」と読んでしまった。

 

この写真の反対側(上下逆)から見たからと言う事もあるが、何も

”おお” と、”むたし” を区切らなくても良いのでは?と思った訳だ。

まあ私の主観であって、お偉いデザイナーさんはそう思わなかったん

だろうねと単に思った次第。

 

f:id:pompei:20150112235615j:plain

SONY α7  KOWA SETR 50mm F1.9

商店街にやってきた。空き店舗が多い。10軒に1軒が営業中と言う感じ。

路地裏もあるが荒んでいると言うよりも何もないと言う感じ。

再開発がありそうな雰囲気もあるが、朽ち果てたマンション建設予定地の

看板などがある事から時間が止まったままの感さえある。

 

f:id:pompei:20150112235633j:plain

SONY α7  KOWA SETR 50mm F1.9

かつては三井の城下町だったのだろうが、町の中心部は刻々と移動して

いる模様。すでに建物もなくなり朽ちかけの看板だけが残る。

 

f:id:pompei:20150112235647j:plain

SONY α7  KOWA-R 28mm F3.5 

アーケード街に人影がない。待ち合わせをしているのか、女の子がひとり

ポツンと柵に座っている。ここには静けさがあるだけだ。

 

f:id:pompei:20150112235708j:plain

SONY α7  KOWA SETR 50mm F1.9

空き店舗のシャッターに落書きがある。いや、持ち主が書かせているのか?

 

おもむろにレンズテストをやってみる。タイルをじっくり見て欲しい。

歪みが全くない。流石はKOWA!。これが40年以上前のレンズの実力。

普通ならたる型とかに歪むんだけどね。って、こんな事を書くから相場が

上がってしまうんだな。 Orz

 

f:id:pompei:20150112235716j:plain

SONY α7  KOWA SETR 50mm F1.9

あちこち色々書いてある。でもどう言う人が書いているのだろう?

絵に一貫性がないのも気になる。

 

f:id:pompei:20150112235730j:plain

SONY α7  KOWA SETR 50mm F1.9

撮影してたらおじいさんが寄ってきた。「お宅、プロ?」「いえ、好きで

撮ってるだけですけど・・・」「そうか!」そんな会話をして立ち去って行った。

プロだったらどうしたって言うんだろう? モヤモヤ疑問だけが残る。

 

f:id:pompei:20150112235744j:plain

SONY α7  KOWA SETR 50mm F1.9

それにしても文字だけ落書きされているシャッターよりも、何らかの絵が

書いてある方が芸術性も感じるし荒んだ感じも緩和されると思う。

うちの近所でもそんな文字の落書きがあってイヤな気持ちになったりする。

そう言う意味ではこう言うのもアリなんだと思う。

 

f:id:pompei:20150112235756j:plain

SONY α7  KOWA SETR 50mm F1.9

でもシャッターはともかく、建物の方が朽ちている所ばかりですがね。

そこはどうしようもないか。

 

f:id:pompei:20150112235819j:plain

SONY α7  KOWA-R 28mm F3.5

時に破れかけの閉店のお知らせの張り紙があったりもする。

営業中で意欲ある人達が集まって再生しなければ町がダメになるよね

と思いましたが、すでにまとめ役もいそうにないと感じた次第。

 

f:id:pompei:20150112235831j:plain

SONY α7  KOWA-R 28mm F3.5

人口減少中の日本なので、何処の町でも大なり小なり同じ構図なのだろう。

財務省は破綻した年金制度を守るより、少子化対策やんないとダメ。

 

f:id:pompei:20150112235842j:plain

SONY α7  KOWA SETR 50mm F1.9

以前、財務事務次官を国民の選挙で選びたいと思った事がある。

(日本の最高権力者は総理大臣ではなく財務省事務次官である)

それは日本の権力者は選挙がないと保身に走り制度を変えないから。

 

極論かもしれないが、少子化対策をやりたいなら小学生に選挙権を

与えないと制度は変わらない。

国政などの重要選挙からではなく、まずは地方選挙(区や市の選挙)

から選挙制度を学ぶ意味も含めてやらせてみるのが良いと思う。

そして何れ時が来たら国政選挙も選挙権を与えればいい。

ついでに選挙権を定年制にすれば尚良しでございますがね。

 

選挙権があり投票意欲がある小学生の数と、選挙権定年制で選挙に

行けない年寄りの数の力が逆転する日が日本が真に変わる日だと

私は思う。

ちなみにどう変えるんだ!なんて言う輩(ダニ)は排除していい。

どうしたいかは今の小学生が成長して決めさせたら良いだけだから。

 

最近この話を偉い人に会う度にわめいているんだが、自分達が

定年枠にかかっているので乗り気ではないようだ。

そらね、わからんでもないけど・・・。 (^^;)

 

日本はこの町の建物のように朽ちるのを待つのかどうか?

シャッターのようにお化粧をし続けても町の衰退を止める事はできない。

決断は待ったなしだ。