読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不変のFマウント

 

ニコンのカメラを使った事がある方は一度は聞いた事があるであろう言葉。

それは ”不変のFマウント” と言う言葉です。

 

でも実際には細々と変わっているのですけどね。 (^^;)

今回は一番顕著にわかると言うレンズを見てみたいと思います。

 

f:id:pompei:20150116141225j:plain

ニコンテレコンバーターです。(左 TC-20E  右 TC-201)

 

今回導入したTC-20E、古い設計のTC-200時代の物とは違ってレンズ部分も

大きく、解像度が格段に上がっているようです。しかもSICコーティング!

星の写真を撮る上で私の機材の最大のネックはこれでした。

欲を言えばTC-20E3なのでしょうけど、あれは価格がね・・・。

 

この二つを比べてみると、左下の爪の部分の形状が違う事に気が付きます。

そして左上の爪がない部分のように開き具合も違っていたりします。

当然ですが、すでに連結などは出来ないようになっております。

 

f:id:pompei:20150116141237j:plain

旧型のAiーsレンズをこのテレコンで使うには左下の小さな爪を

削ってしまえば使えるらしいのですが・・・

 

私がやりたいのはそれに加えてTC-14BSとの連結だったのですが、どうも

何処かに当たるようで希望通り連結ができません。

さて困ったぞ。 素直にTC-14E~を買うか? 改造するか? う~ん。