内面処理

 

昨日書いたブログ、後から見てみたら民主党応援っぽく見えなくもない。

補足として言わせてもらうと民主党には政権担当能力はない。それだけでなく

1つ2つ良い事をやったとしても、100も200も悪い事をやれば国を

損なう結果となると言う事で。

それと実行力がないといけないのにそれがなかった。小沢が自らの政治生命を

かけてでも官僚改革をやればまだ良かったが、口だけで能力もやる気もない

小心者で終わってしまった。こう言う時に胆力がないとダメな一例だった。

 

結論としてあの鳩山も100のうち1個は良い事もあったよと言いたかった訳だ。

でもあれは自分の個人資産を守りたかっただけとも見えなくもないが。 (苦笑

 

 

 

 

さて、内面処理について色々話があって。 この件はみなさん悩み所ですな。

それでまずは自分のアダプターを見てみた。

f:id:pompei:20150314052040j:plain

FOTGAのNikon-NEXアダプター

中の塗装の部分を見て分かる通り、光が当たると反射してしまう。

中華製を差し引いても植毛紙を貼ったりして反射防止をしないと難が出てしまう。

ただ今回の問題はこれだけではない。

 

f:id:pompei:20150314052048j:plain

これを見て分かる通り、大きな隙間がある為に光が漏れるのである。

 

NikonのPK-xxと言う接写リングがあるが、ここまで酷さはないが厳密には

光漏れしている。稼働部分は気を付けた方が良いと言う例だろう。

 

 

それで内面反射に関してどのような対策をしているか天体関係者に伺ってみた。

主流は植毛紙が殆ど。塗料は望遠鏡用の塗料を工夫して使っているそうで。

 

1. http://www.scopelife.com/  光学用つや消し塗料セット部分参照

2. Amazon.co.jp | ターナー アクリルガッシュ100ml ジェット ブラック | ホビー 通販

3. 黒板塗料

 

等がありました。 とりあえず2番についてはホルベイン社の同用品が確か実家に

ありましたので、これと比べるつもりで画材屋さんで購入してみる予定です。

3番はムラが出にくいのですが2番ほどの反射防止効果が出ない気がしますので

気が向いたら実行する事とします。

 

こんな感じですが、コストを考えれば2番ですかね。