読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内面処理 反射防止剤計画3

 

私は仕事で行けませんでしたがこの度、子供の卒業式がありました。

嫁にはカメラを持たせて任せっきりに。行きたかったなぁ・・・。

ま、男親って普通にそんなものなのかな。

 

 

さて内面反射防止の3回目は二重に塗った塗料がどうなっているか?です。

今回はその結果報告になります。

f:id:pompei:20150317173755j:plain

全体像はこんな感じです。二度塗りした場所は黒さが際立っています。

 

f:id:pompei:20150317173811j:plain

拡大して反射部分を比較するとその効果がわかりやすいかと思います。

でもこれは触らなかった時であって触るとどうなるか?

 

f:id:pompei:20150317173823j:plain

水分含有ティッシュで拭くとこうなります。

流石に厚く塗られているので効果は上がっているようです。しかしながら1回目に

塗った分のムラなどが上の層にも出てきますね。それから反射率上昇で縞が見える

ようになりました。

 

f:id:pompei:20150317174935j:plain

ちなみに今回のこれを無水エタノール(100%)でサッと拭くとこうなりました。

この後しっかり拭いたら完全除去できました。

 

と言う訳で、当家では効果確認用として当面は利用を行うつもりです。

しかしながら効果の高い状態の「塗って触らなかった時」に粉が噴かないかが

今後の課題として残っています。

この方法に効果があったとしても、もしマウント内で粉を噴けばセンサーや

レンズ間にゴミが付着する事になります。そうなると色々と問題に・・・。

 

結論はメイン機材では使わずに、塗る対象を考えて使いましょう。ですかね。

(精度が高いレンズは清掃しても再組立て時に容認できない誤差が出ますから)

安心して使うならマウント内では植毛紙を使い、清掃しやすいフード内側で

あればこれを使っても良いかなと考えました。

この件は各人がリスクを考えて使う事にしましょう。 (^^)