読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物欲急上昇120%突破!

 

春です。 いや、誰が何と言おうと春なんです。

とにかくもう、当地は暖かいのです。

 

さて、春と言えば寝た子も起きだすと・・・ 世間では言われているはずで。

言われていなくても当家ではそんな感じで。

春と言えば?新製品ラッシュでウキウキしますよね??

何処ぞの誰ではありませんが、銭もないのに!てな当家の懐具合ですが、

そんなものに関係なく夢だけは見るものなのです。

 

 

さてさて、そんな我が家に荷が届きました。と言ってもきっと皆さんの興味ある

話ではありません。まあ唯一、梅の撮影準備に勤しむ御方くらいがまた悪い病気

(意気上がる)になる程度のジャブな話です。

 

f:id:pompei:20150320165030j:plain

星の数ほど多くの品種を創出してきた富岡光学。しかしその数の割にTomioka銘の

レンズってそうありませんよね? ねぇ。 (^^)

今回の話はそれだけの話なので興味ありませんでしょ? と言う訳でこの話は

これにて終了です。(ちなみに何れはこれもEマウント化決定! ^^)

 

それよりもあの85mmF3.5、改造用に欲しいなぁ。今回は多分見ているだけに

しますが、今回逃したら次回は出る人が出てきっと相場が上がりまっせ!

と言う事でがんばってや~ (苦笑

 

 

 

さて表題の物欲。このレンズ ↑ がそうだったの?? とお思いかと思います。

いえいえ、違います。

 

私が迷い込んだ星の撮影で使う機材、上を見たらカメラが200万とかレンズが100万

以上とかが平気で存在します。それこそアクセサリー類に至っては固定バンドだけ

でも専用削り出しだったり、マウントアダプターはカメラやレンズ機材一式を

送って個別制作をする程です。そして時代最速のPCやら高額なソフトウェア・・・。

まさに天文なだけに天文学的な金額のオンパレード。 Orz

すでに私も片足を突っ込んでますから引くに引けない世界に突入しています。

 

そんな中で多くの皆さんが限られた金額の中で楽しんでいると言うのが実情で。

私も今年は金銭的にきつくなり、ソフトならお金もそうかからないだろうからと

安直な思考でいましたらこれがまた・・・。 (TT)

しかしながらそれらソフトで何が出来、何をすれば良いのかがわかり、その為に

どうやって撮影をしなければいけないかがわかってきました。

 

ここで問題なのが、今私がそれらのソフトを買って使いこなせるか?です。

答えはNo!でした。つまり現状はある一定レベル以上の撮影が出来ていない

事がわかったからです。

ソフトでの画像処理を行う以前にそれに見合った素材(絵)がなければ使えません。

なので当面の目標はここになりました。

 

さてさてさて。その為にはやっぱり、機材の更新とか新規導入が必要になります。

もう、天文学的ドツボに嵌りまくりです。プロミナーの前にコレだっただろ!

だったのかもしれません。でももう、後ろは振り向きません。行きます、行っ

ちゃいます。もちろん!お金が貯まったらの話ですが・・・。

 

まあ物事には限度と言うものがあります。が、やる事やって計画的に前進して

行く所存です。ここ最近の停滞期間で自分が何をやりたいのか?

当面の?ゴールが見えただけでも良かったのかなと今は前向きに考えています。