新たなる指令?

 

日本が竹島尖閣諸島を昔から領有していたとする英語(その他多数)で翻訳した

資料をまとめて海外へ情報発信しました。(詳細は外務省HP内右側PDF参照)

遅きに失した感も否めませんが、これで日本の教科書とセットで日本の正当性を

国内外に主張して行けます。

国内においてはこれら正しい日本の領土についての認識を、今まで間違った方向へ

向かっていた事への挽回の意味を込めて、特に日教組などには頑張って周知して

もらいたいと切に願う次第です。

 

さて先日、日本は韓国に対して外務省のHP、閣議決定の文言などの公式文書など

で「 (日本と)価値観を共有する国 」と言う表現を削除しました。

今回、日本政府は新たに2015年版の外交青書においても韓国に対して同様の

表現を削除します。これは自由、民主主義、基本的人権などの価値を共有していない

旨を通告している事になり、これは韓国が、自由の国ではない。民主主義国家では

ない。基本的人権がない。そう宣言した事に等しい事になります。

すでに世界中のマスコミが知るところですが、言いがかりで産経新聞のソウル支局長

を拘束している例を見ても、韓国が反論しても何ら説得力を持たないでしょう。

 

まあこれで韓国は日本に対してスワップ延長の再交渉願いを出す事は出来ない

でしょう。韓国との歪んだ状態が解消されればと願う次第ですが、アメリカさんの

意図もチラチラ見えるだけに何だかな~な感もありますが・・・。

 

 

 

長い前フリでしたが話は変わって本題に。(と言う程でもないのですが・・・^^;)

 

ニコンのデジタル一眼は2000万画素を超えた辺りから、かなりの高精細画像を

吐き出してくれます。当然、手ブレなどの問題が出てきますが、レンズのVR機能で

すべてが収まったかのような錯覚が生まれています。

でも星の撮影をやってみると、それが正しくない事に気がつきます。

原因はシャッターのミラーの振動です。

 

最近ではyoutubeなどでもアップされた動画も散見しますが、シャッターを切った

後、ミラーがバウンドしてバタバタしているのです。(検索して探してね^^)

キャノンの動画を見てビックリ! ミラーバランサー搭載のニコンでもこれは・・・

そう思える程です。そう言う訳で私は星の撮影をするならとミラーレス機に期待

している訳です。

 

では何も手がないのか? そうではありません。実はニコンはすごいんだぞっと!

f:id:pompei:20150407153451j:plain

左側のダイヤルに「 Q 」と言うのがあります。多分、他はともかく初めてこれ

だけ見て想像して説明できる人はいないんじゃないかな?

 

答えは「 静音撮影モード 」です。シャッターボタンを押すと先にミラーアップ

してミラーアップ完了(上に張り付いた状態)後にシャッター幕が動き出します。

当然シャッターのタイムラグが発生しますが、マクロ撮影や超望遠撮影時に

おいては絶大な威力を発揮します。

 

ついでですが、これとライブビュー機能併用で後玉のとび出たレンズが使える

ようになります。私はこれでヘリアー12mmF5.6SLを使っています。 ^^v

幕に当たらなければ、なんちゃってミラーレス機になるのです。

(長時間LV使用するとCMOSが熱を帯びて画質低下するので短時間で利用する事)

 

f:id:pompei:20150407153500j:plain

その他に露出ディレーモードを併用すると完璧です。

 

ミラーが動作した際、極微小な振動が一瞬三脚に伝わり共振します。この機能は

Qミラーアップ後にシャッター幕動作までにどれだけの時間の間隔を開けますか?

と言うものです。D600の選択は1~3秒のみですが、1秒するのとしないのでは

歩留まりが大きく違うのです。(ココイチでは3秒使ってます)

 

まあマクロ撮影ではこんな振動よりも風で撮影対象物がゆれる方が難だと言われ

そうですが、知っているのと知らないのではココ一番では大きく違いますからね。

 

今回はエエ仕事をやってくれた盟友へ私が使っている必殺のオススメモード紹介

なのですが、手持ち主体な彼には無用なのかも?ですね。(^^;)

まあでも若気の至りで盗撮するかもしれないし! (爆  その際にでも!^^

 

最後にですが、たまに利用するならカスタムに放り込んどかないと設定戻しを

忘れてしまう事が多々あるかと。撮ろうとして1秒後にシャッター幕動作開始・・・

私は何度、これをやってしまった事か! Orz