コメンテーターと言う詐欺師はもういらない

 

1年程前、ガラケーと呼ばれる携帯電話からスマホ(重ケー)に機種変更しました。その理由の一つが世の中の動静を感じる為でもありました。

 

街中を見ると殆どの人が歩きながら、信号に止まっても、公共交通機関の中でも、そして食事中でもスマホ画面を見続け操作しています。知らない、理解できないのであれば使ってみるしかないと考え・・・そして現在に至りました。

使ってみての感想ですが、要は情報を即時およびリアルタイムで入手、共有したいと考えている人が多くいる事です。(実態はスマホゲー使用者が大半なのですが・・・)

 

例えば天気予報。今まではTVを点けたり新聞を見ていたのがPCで見るようになり、そして今はスマホに登録したアプリの直リンを押すだけで自分の地域の変わりゆく天気を見る事が出来る。

バスや電車の交通機関。定時に来ないバスなどの遅延状況が分単位でわかるなど、地方民にとってその利便性は高いのかもです。もし10分遅れていればバス停で10分待たなくて良いのでね・・・当地の暑い時期の10分待ちは地獄ですから。Orz

 

で、本題のタイトルですが、多くの方がスマホを所有しだしてどこで情報を入手しているかと言うと学生はライン。そして全ての層でツイッターなど。

以前からあったブログやフェイスブックは衰退し始めアクセス数も激減して広告倍増したりもしていますが、やはりリアルタイムに情報(意見)交換できるツールには敵わないようです。

 

 

それではどうしてコメンテーター(マスゴミ)はいらないかと言うと、日本のマスゴミは情報印象操作の発信源で、発信される情報はネタ級の価値しかないからです。

つまりそんなネタがマスゴミから印象操作情報として発信→ツイッター民が反論論破→リツイート拡散で印象操作失敗!となっている現状なのです。

 

正しい情報を伝える事も出来ずにコメンテーターと言う詐欺師が横行している今のマスゴミは時代遅れのいらない存在、害悪でしかないと多くの方が考えている所為ですね。

 

 

先日も某鉄道会社の組合員の大半が組合離脱して大騒ぎになりましたが・・・。組合費が意図しない政治資金に使われているテロ組織だとの情報も流れて・・・。(某大臣も言ってましたね。笑) 普通の思考の皆さんはそりゃ辞めますよね。そんな話もツイッターでは飛び交ってましたが。

 

本当は多くの方が本物の正しい情報に飢えているのかもしれませんね。日本のマスゴミが偽物ですから仕方がないと言えばそうなのですけど。

 

ちなみに野党の政治家にも偽物がいますね。国会で与党を追及中、情報のソースは2ちゃんねるに載ってたから!とかありましたし。やっぱ人口減少で普通の常識人レベルの人が足りてないのでしょうね・・・(泣

 

 

 

話は変わって。先日の広島遠征は日帰りで帰りに車中泊して山口でEF66-30を迎え撃つ予定でしたが生憎の子連れ狼となり予定が狂って・・・。そしたらこれが生憎どころか大失態になってしまうとは!

数日後にEF66-30が廃車離脱。Orz  大、大失態! EF66-27も夏までとの噂もあるし・・・。27のチャンスは逃さないようにしなければっっ!!

 

 

最近ちょっと欲しいと思った物 (画像クリックで少し拡大可能)

f:id:pompei:20180424113707j:plain

簡易に変換できるし時間がない時にも便利だよね ♪ と思っていたら・・・ 嫁からそんな大きな物を家に置くスペースありませんよ!と怒られた。うん、残念。