ペトリの28

 

今日は朝から電話が鳴る鳴る。殆どがアポイント関係。週末にかけて忙しい上に来週は月曜が祝日・・・。学生時代は祝日はうれしかったけれど社会人になると休日でも出社とか普通にあるし。それで仕事してたら相手がお休みしててどうにもならなかったりする事があるし。そう言う訳で皆さん、効率よく仕事をする為に電話をかけまくっているのですよ。

私? まー、下請けみたいなもんだし? 適当にやってますよ。(^^)

 

 

我が家の呼び鈴が鳴り、赤い国から荷物が届いた。

f:id:pompei:20180912011415j:plain

注文していたM42ヘリコイドリング! 35-90mmの一番長い?ヤツ。これで極秘レンズシリーズ遊びが再開できます。使ってみたら長さもぴったり! ええ感じでした。

 

f:id:pompei:20180912011423j:plain

Eマウント側で使う部材はこのM42-NEXアダプター。実はこれ、厚みが1.2mmなのです(泣

0.1mmでも短くしたい時に0.2mmも長くてえらい困りまして。その時にこのタイプを注文したのは1個だけだったので今まで使わないまま放置してました。今回4番を買ったのでやっとこいつが使えます。

 

さて。新しいレンズを物色するかな? と思いましたが、来月から送料がゴニョゴニョなんですね。月末までにどうするか研究する事にします。

 

 

 

先日やってきた Petri 28mm F3.5。 ちょっと近くに持ち出してみました。

f:id:pompei:20180912011434j:plain

やはり色はペトリらしくのってきますね。

 

f:id:pompei:20180912011442j:plain

以前確認したように白はスッキリきれい。青は赤(紫)に寄る感じ。

 

f:id:pompei:20180912011454j:plain

このレンズは真っ赤が良いですよね。この被写体は薄い赤なんだけど撮ると鮮やかな赤になる。う~ん、Hα撮ったらどうなるんだろう? 長い玉を買ってみても良いかも・・・

 

f:id:pompei:20180912011503j:plain

ボケは近接部分は悪くない。でもそこから離れた所は酷くはないがざわつく感じ。周辺部は幾分か流れてる。

 

f:id:pompei:20180912011511j:plain

人の評価で油絵のようなと言う表現を聞くけど、うん。そんな感じ。浮き上がってると言うか何と言うか。そんな不思議なレンズ。

 

使用カメラ : SONY ILCE-7  Petri 28mm F3.5 EE

 

 

さてさて。遠方の友人らからアダプターどんな風になってる? と聞かれたから電話口で言ったけどわかってなさそうだったので公開してみる。ちなみに皆さんあちこちで作られた物を持ってるからどれが最高品なのかは知りません。私にとってはこれが最高ですがね。

f:id:pompei:20180912011521j:plain

で、土台となるのは左の市販のライカM~Eマウント。その上にライカM~L39を装着したもの。ペトリレンズ側はペトリ~L39になっています。この組み合わせで余裕でオーバーインフになります。

 

f:id:pompei:20180912011529j:plain

もしもっともっと接写がしたいならL39~M42リングをはめてM42ヘリコイドに着ければかなりの接写が出来ます。が、上記のライカMを使ったアダプターでもかなり寄れますから今の所は必要にして十分です。

 

f:id:pompei:20180912011537j:plain

ちなみにライカMアダプター(左)はL39アダプターを装着してもこれだけ短くする事が出来ます(右はM42の短いやつ)。この短さによってKallo Wideの35mmのレンズなども無限~接写で使う事が可能となっています。本当にちょっとの差なんですよね・・・・。

 

報告ですが・・・ ちくわ屋さん。いつも感謝感謝です。ところで狙っていたレンズ(ズノー)、負けちゃいました。Orz   あと今回、緑色の分は本気で勝負に行きます。(^^)