人は忘れる生き物である

 

天気予報は晴れ。天気図(気象衛星画像)は雲一つない快晴。しかし実態は・・・

 

f:id:pompei:20181216073741j:plain

空に漂うのは雲ばかりで。

 

f:id:pompei:20181216073910j:plain

雲間から星が見えるのはこの2枚の写真の場所だけ。

 

それでもめげずに山に向かいました。しかし待っても待っても雲は晴れません。仕方がないので山を下りてセブンでコーヒーをすする。

あ、少し晴れてきた。期待しながら山に登る。また雲が多くなる。もう一回下りるか。セブンに行って肉まんを食べる。

 

で、あきらめて雲が多い中にもかかわらずセッティング開始。ああ、設定を忘れた。もうこの時点で撃沈である。だって仕事ばかりで色々やる暇がないんだもん。とりあえず赤道儀を封印してポタ赤で撮影準備を始める。

 

雲間からすばる(M45)が見えてきた! しかし北極星が全く見えない! あ、北極星が見えてきた! 今度はすばるが見えない! これを何度か繰り返して3~4時間ほど待ってたら何とか雲がなくなってきた。(撮影可能時間は1時間弱でした)

 

f:id:pompei:20181216073949j:plain

ウィルタネン彗星(46P) 右上がすばる(M45)

久々に朝日を見ながらの帰宅。もう疲れて今回はダークもフラットも何もやってません。私が目指しているのは赤道儀で撮って結果を出したいのですからまた次回頑張りましょう。ちなみに今回使用した社外品のフードは四隅がケラレているような?? 

 

f:id:pompei:20181216074003j:plain

次回は天候次第になりますが、彗星とすばるが急接近の時。そして数日後にはすばるとカルフォルニア星雲(右の赤く写ったもの)の間の少し下に彗星がやってきます。今回は一応、自分的テストだけはやり終えたのでOKですが、追試は頑張らないといけません。

 

それにしてもZ7はD810AのようにHαが出ませんね。すばるはともかくカルフォルニア星雲コラボの時はどうしようか考え中。

それからZ7はファインダーが映像なので彗星が全く見えない。プリズムだと目が暗闇に慣れてるので彗星が見えるのですが、映像だと折角暗闇に慣れた目が光で・・・。ミラーショックが全くないメリットはあるのですがその点がね。対策にニコンのスコープを買おうかどうか思案中。先日のファンミーティングで散々使わせてもらって良い事を確認してるから後は行動するだけ。うむむ、また散財するのか? (^^;)