持って死ねるわけでなし、後悔はしない様にするだけ

 

私の周りではニコンAPS-Cカメラからフルサイズへの移行が一気に進んでいるようです。最後に残された?あの方も、慌てて?動き出しそうな感じですがさてさて。

やっぱフルサイズでしょ。50mmレンズが50mmで使えるニコンのカメラでしょ。銭は持って死ねるわけでなし、残り少ない人生を後悔しないようにしなきゃでしょ。

 

そう言う訳で、近年(親父が亡くなってから)何やら散財するようになりましたが、そこはそれ、ご利用は計画的に!が大切なので色々悩んでるわけですが。

 

 

前々から考えていたレンズ。Milvus135mmF2とSigma135mmF1.8

本当は180mmのレンズが欲しいのだけれど、メガネに合うレンズがない。そこで代わりに135mmを考えている。(実は300mmF2.8も欲しいのだけれどね・・・)

f:id:pompei:20190513174436p:plain

Milvus135mmはちょっと重い。ただ防水仕様なのでそこは安心。

 

f:id:pompei:20190513174444p:plain

シグマのレンズも当然のように重い・・・。両方ともデカイから致し方なしですがね。

 

 

f:id:pompei:20190513174456p:plain

Milvusは解像度は高いけどシグマほどではない。(それでも結構高い)最高の部分はF5.6。ただ星で使うなら2.8か4の部分が重要。

 

f:id:pompei:20190513174506p:plain

シグマは2.8がピーク。解像度だけでみたらシグマの方が使いやすい。ちなみに105mmも2.8がピークに来ています。開放域で使えと言うこんなシグナルは好き。

 

 

f:id:pompei:20190513174514p:plain

ただシグマの問題は周辺減光が大きくて、F4で使えるレベル。F5.6で安定してくると言ったとこ。(星撮影が前提条件なので)ここが解像度のピークとマッチしていない。キャノンの135mmの評価が高い話は聞いていたけど、20年前のレンズでこれ? これは凄いわ。ただEF200mmには興味があるのですが135mmは・・・。

 

f:id:pompei:20190513180212p:plain

Milvusは絵の評価は見かけないけど、MTF見る限りではシグマのそれとあまり変わらない。ボケは両レンズとも硬くきたなく、解像度に全振りしてる感じ。なので自分の評価としてはポートレートには向かないレンズですね。この二つのレンズ、星の撮影する人が設計したのでは?と思わなくもない仕様。(苦笑

 

 

その他として。シグマは強い点光源だとゴーストが若干出ますね。Milvusの方がゴーストは出にくそう。この辺りは使ってみない事には何とも・・・。

シグマの105mmにも興味があるのだけれど、データで見る限り135mmの方が解像度が高い。それだけ135mmは設計が良くできているのだろうと思っている。だったら自分がどちらかを選ぶとしたら135mmかな~となる。

 

 

不明点として

 

f:id:pompei:20190513174530p:plain

Milvusは絞りの羽が9枚。ただコシナのレンズは毎度の如く、絞りが円形にならないんだよね。これは昔からそう。シグマはわからないから量販店に行って見てこないと。

 

f:id:pompei:20190513174540p:plain

問題はマウント側。Milvusは形の上ではDおよびGレンズ仕様。Eの仕様になると絞りを動かすレバーが無く、キャノンのEFレンズのそれと同じで電気で動かすから出来ればD-G仕様の内に良レンズを確保したい。シグマは見に行くからそれで確認予定。

 

と言う訳で、今年の散財はこの辺りになりそうな予感。ただMilvusは高いんだよね。気分はシグマの2倍の感。どちらも相手比で良し悪しがあって決めきれていないのが難ですかね。