「レタッチしすぎ」の罠

 

最近、某雑誌の特集記事について様々な意見がありまして。内容は画像処理ソフトによる過剰なレタッチについて賛否を問う話です。

 

インスタ映えする過剰なレタッチによるカラー補正により、安易に注目を集めようとする事に問題があるとの話が出ていました。が、私個人の考えでは「それの何処が悪いの?」です。

 

これも賛否がある言い方かもしれませんが、デジタルカメラで撮影した絵は写真ではなく映像です。古くから写真を撮っている人は、写真に関する連続性の認識はしていても、同じと考えている人は多くはないと思います。

つまり化学反応と0と1の情報とでは似て非なる物であり、文化そのものが改変されているからです。

 

町の中にあるプリクラ。あれで肌をきれいにするモードを使ったり、文字や絵を入れたりする事に誰が批判をするでしょうか? スマホデジタルカメラも同様で、ソフトによるレタッチは過剰であってもそれはその人の遊びであり、自由な表現であります。それを自分の好みに合わないからと言って批判するのは間違っている考えだと思います。

 

私が時々使っているHDRによる合成撮影も遊びです。そして星の写真のコンポジット(合成や画像処理)もある意味、過剰なレタッチです。でも自分が思うような美しさを表現したい!と言う考えでそれをやっているだけで、それをウソの映像だ!とか言われてもそれはそれで楽しいから良いのではないか?と思う訳です。

 

デジタルカメラの絵なんてプリクラの進化版。その程度の物に自分の好みに合わない表現や、少数派だから間違いだとかはないと思う。表現する以上、それはその人の芸術なのだから。

 

 

 

・・・。 なんか昔で言う? 爺さんみたいになってますね、最近の私。愚痴が多い。(苦笑  まぁそういう年でもありますし、いいか。(笑

 

 

話は変わって。

我が家に荷物が届きました。

 

f:id:pompei:20190907233256j:plain

箱のテープを外して開封するとそこには・・・

 

f:id:pompei:20190907233306j:plain

また箱が。  あっ! こ、これはっ!!

 

ついに私も行ってしまいました。こいつは遠征時に使います。

 

 

f:id:pompei:20190907233318j:plain

広角テスト。ちなみに素の情報です。2.8

 

f:id:pompei:20190907233326j:plain

3.2  まだ周辺落ちが・・・

 

f:id:pompei:20190907233338j:plain

3.5  まだあるねー

 

f:id:pompei:20190907233346j:plain

4.0  えー、マジ?

 

f:id:pompei:20190907233355j:plain

4.5  ここらで使えるレベルに?

 

f:id:pompei:20190907233405j:plain

5.0  これはカメラ補正必須ですね。

 

f:id:pompei:20190907233414j:plain

5.6  世間で言われているほど良いとは思いませんね。が、要は使いこなしなのでしょうね~。

 

尚、F4のレンズ(実売価格は1/4以下)も考えたのですけど、F2.8のレンズが許容範囲内の大きさだったので後々後悔しない様にと思いポチリました。私みたいに買う人間がいないとニコンも大変でしょうからと自分に言い訳もして・・・

 

それにしてもやらなきゃいけない仕事が多すぎて、なかなかまとまった休みが取れない。試写とかして遊ぶのはまた後日になりそうです。